2020.04.16

ULTERIOR INDIGO BASKET TWILL LAYERED POCKET OVER SHIRT

“素材自体が持つ本質的な魅力を引き出し生まれる“余白”や“不均衡”。奇を衒ったモノではない

けれど見るだけでなく、使うことで高揚感が得られるモノ。日常の中で必要最小限な機能や目

的を含んだ心地の良さ。日々の積み重ねから生まれる新しい発想を大切にしながら、着ること

ではじめて個性化するような余白のあるアイテムを提案していきます。”

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

PURASの大野です。

19A/Wからスタートしたブランド ULTERIOR

当店ではデビューシーズンからお取り扱いさせていただいています。

そのULTERIORから様々な商品が届く中で、思わず個人的に買ってしまったシャツジャケットを

ご紹介させていただきます。

それでは本日のご紹介です。

 

【 INDIGO BASKET TWILL LAYERED POCKET OVER SHIRT 】

 

 

 

ゆとりを持たせたアーム部分。

外側と内側に付くレイヤードされた大きめのポケット。

ベントは無し。ボタン類、ヨークも無しのミニマルさ。

一言で言うならシンプルなデザイン。これに尽きます。

簡素なデザインなので、股上の浅いパンツよりも、NEATの様な股上の深いパンツなんかと

相性が良いのかなあと個人的には思います。

タテにインディゴ染めしたリネン、ヨコにコットンを使用しドビー織機にて織り上げられた生地。

コットンのふっくらとした感じが着始めは前面に押し出されますが、

着用を繰り返すうちリネンの程よい固さが顔を出します。

もちろんリネン混なのでシワにはなりやすいです。

肘から腕にかけてのよく動かす部分は特に。シワが気になる、気にならない、

の個人差はもちろんあるとは思いますが、

生地感と相まっていい表情になってくれます。

着用10回ほどの未洗濯の腕まわりの状態です。参考までに。

 

 

古来より茶室の天井などに用いられた網代(あじろ)から着想した織地/バスケットツイル。

かご網とも網代網とも言われる日本の伝統的な織り方です。

仕上げには洗いっぱなしのような風合いを与えるワッシャー加工を施しています。

着始めからパキッとした堅苦しい印象がないので、

インナーにクタクタのTシャツを着ててもなんとなく様になります。

春や秋はもちろんですが、夏場にも着れます。

というより個人的には、夏場にこそ活躍するのかなぁと。暑い日差しを遮ってくれ、

リネンの爽やかさと機能性で心地良く過ごせる。

日本の屋内施設は、夏場は冷房が効き過ぎているぐらいなので、簡易的な防寒具?

としても使えたりします。

どこか色気すら見え隠れするシャツジャケット。

 

 

 

僕に足りない色気を補完する為に、あるいはなにか惹かれるように

買ってしまったのかもしれません。

こちらの商品はONLINESTOREにも掲載しております。

詳しくはそちらをご確認ください。

それではまた。

staff:Ohno

 

sns_btn_i

sns_btn_f

PURAS

愛知県名古屋市中区栄4丁目14−25 赤座ビル2F

TEL. 052-251-1755

MAIL. info@puras.jp

OPEN. 12:00 am

CLOSE. 20:00 pm

不定休